住宅ローンのフラット35s、先ずはシミュレーションで

マイホームを購入するにあたり、固定金利の安心で選ばれているのが、フラット35です。
フラット35は民間金融機関と住宅金融支援機構が提供している長期固定金利住宅ローンです。

 

更に借り入れの金利を一定期間引き下げる制度を、フラット35sと言います。
条件はフラット35に申込みの上、更に省エネルギー性、耐震性に優れた住宅を選ぶ場合によります。

 

家の購入費用は大きな金額なので、住宅ローン選びも慎重にならざるを得ません。
フラット35sを選ぶことで、どの程度金利の負担が減るのか先ずはシミュレーションしてみるのが
一番良いでしょう。

 

シミュレーションは、インターネットを利用すればいつでも好きな時に出来ます。
住宅金融支援機構が運営しているフラット35のサイトでは、かんたんシミュレーションが最短5秒
で出来てしまいます。
また、各金融機関でもインターネット上で簡単に出来るシミュレーションシステムがあります。
パソコンだけではなくスマートフォンからもシミュレーション出来るサイトもあり、シュミレーション
だけなら無料で利用できるものがほとんどです。

 

こういったサービスを利用することで、複数社に相談に出向かずとも借入先を選ぶ目安が自宅でいながら
絞れてくるので、休日の度に家族で説明を聞きに回るような手間も避ける事が出来ます。
新規の借り入れだけではなく、借り換えもシミュレーション出来るところもあるので、借り換えで検討
する場合も、活用した方が良いでしょう。

長期固定金利住宅ローンのフラット35sを比較してみよう

住宅ローンは、金額によって違いはありますが返済は長期に渡るものです。
月々の返済額は出来る限り抑えたいのが希望であり、その為にも金利は低くしたいものです。

 

金利を変動ではなく固定にしたい方にお薦めなのが、フラット35です。
フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携し提供する長期固定金住宅ローンのことです。

 

そして、省エネルギー性や耐震性などエコロジーと安全性に優れた住宅を選ぶと、更に一定期間の金利を引き下げる事が出来ます。
この制度をフラット35sと言います。

 

フラット35sを利用するには、先ずはフラット35に申し込まなければいけません。

 

様々な金融機関がフラット35を取り扱っています。都市銀行・信託銀行は勿論、
多くの地方銀行でも取扱いがあります。

 

また、保険会社やモーゲージバンク等でもフラット35sを推奨しています。

 

複数の金融機関に足を運ぶのは億劫に思えますが、ある程度の知識はインターネットで得る事が出来ます。
住宅金融支援機構が運営するフラット35のサイトでは金利情報を検索することが出来ます。
金融機関名、または都道府県名で検索することが出来るので、金利の面での比較対象を絞ることが出来ます。

 

金利の低さはもちろん第一条件になる重要事項ですが、住宅ローンは長い付き合いになるので信頼出来る会社を選びたいものです。
インターネットで比較しある程度候補を絞れたら、実際に相談をして比較し十分に理解と納得出来る会社を選ぶのが大事なことでしょう。

 


Warning: file(http://www.amieproject.com/l-cntrol/mg001/link/6): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/sark251/public_html/www.rozwalcarki.com/index.html on line 96

住宅ローンのフラット35sエコは更に低金利

住宅ローンは高額になる為、金利によって返済総額が大きく変わってきます。
低い金利が望ましいのは勿論、金利が変動する事なくずっと固定である事も大きな安心材料となります。

 

住宅金融支援機構と民間金融機関が提供しているフラット35は、長期固定金利住宅ローンです。
最初に返済終了までの金利がわかり、返済総額が確定するので生活のプランも立てやすいのが魅力です。

 

その固定金利の安心と、更に低金利を叶える制度が、フラット35sです。
フラット35sとは、フラット35に申込みの上、省エネルギー性や耐震性などに優れた基準の住宅購入
を条件とし一定期間の金利を引き下げる制度です。

 

フラット35sにはプランがあり、金利Aプランで10年間、金利Bプランで5年間、0.3%金利を
引き下げる事が出来ます。
そして更に5年間、0.7%と金利引き下げ幅が拡充された、フラット35sエコと言うのもあります。
残念ながら、申込みは2012年の10月31日で終了してしまいました。
フラット35sエコは、金利引き下げの住宅条件の内容が更に厳しくなっています。フラット35sエコ
の目的は、東日本大震災からの復興と住宅の二酸化炭素排出量を軽減するために創られた制度でした。
住宅条件の基準が厳しいので、かなり高性能な住宅を建築する事にはなることでしょう。

 

エコロジーと低金利の両者の魅力を供えたフラット35sエコ、またこのような制度が復活してくれる
のを期待するところです。